スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
「京都府子育て支援表彰」される事に!!
当会が「第6回京都府子育て支援表彰」を受ける事になりました(^_^)v

ここ数年、府より補助金(子育てに優しい京都府づくり推進事業等)を頂き、
子どもの発達障害に関する学習会、講演会、映画の上映等、
一生懸命に頑張って来て、

「疲れたな〜 フ〜(-_-;) 」と思う事も度々でした・・・



この様な表彰があることは、ゆめゆめ 知りませんでしたが


努力の甲斐あっての事か (^O^)/


今回、その活動が評価され「社会貢献部門」で表彰される事になりました!!




 
後日、府のホームページに掲載され、

子育て応援に積極的に取り組む団体として紹介されま〜す!


| comments(0) | trackbacks(0) | ニュース |
新しい「わんぱくクラブ」がスタート!
 15日に療養教室『わんぱくクラブ』の開所式が与謝野町石川の新築された
同施設であり、保護者OBとして出席しました。




元は宮津市の須津地区で与謝野海養護学校(支援学校)の親の会が
立ち上げた療育教室であり、歴史は35年に及びます。

うちの現在17歳の息子「こうき」も岩滝保育所に通う年少組の時、
保育士の先生の勧めで通うようになりました。

言い方は悪いですが、隙間風が入る様な大き目の小屋という印象の建物で
恵まれない環境の中で指導者の先生が一生懸命に奮闘されてました。

火曜日と土曜日の週2回を、殆ど家内が連れて行ってまして、
振り返ると当時は息子の発達障害を受け入れられず、
家内に「連れて行って」と頼まれても、嫌で嫌でしようが無かった事、
今でも事あるたびに言われます(-_-;)

土曜日にあったバザーの手伝い等を通して
私自身も少しづつ息子に向き合えるようになって行ったんだなと・・・
今では思います。




政治の波に流され活動場所を奪われて、存在も危うくなった時代もありましたが
強い保護者のニーズを受けて
2003年に「NPO法人 野田川良い町づくりの会」の事業として
児童ディサービス療育教室「わんぱくクラブ」が
借家ではありますが町内、石川に開設されました。
子どもの療育と同時に、諸行事を通じて親同士が、
ふれあい、語り合い心の休まる交流の場所として成り立ってきた事も、
大きな原動力になった様に思います。

従来2市2町の丹後圏域からの児童を受け入れて来ましたが、
年々、通所希望も多く手狭になり施設新築の計画となったそうです。
与謝野町から1500万の補助、国からNPOへの補助1500万等を合わせて
総工費は4600万だそうです。

関係者一同ここまでの苦労は相当なものだったそうですが、

現在、庁舎問題に揺れる与謝野町でありますが
旧3町の合併で行政範囲が広くなったおかげもあって、
計画が実った事は紛れも無い事実であり
本当に良い流れでありました!




式典には来賓を含め約50人が出席しました。

野田川良い町づくりの会 長壁理事長の挨拶


太田与謝野町長は公務で少し遅れて来られましたが、
「この場には絶対来たかった」と熱の入った
祝辞を頂きました。



保護者のお母さん達手作りの、魂のこもったタペストリーです。

いつまでも子ども達を見守ります!



式典では保護者による「開所への思い」の発表もあり短文を1人づつ発表しました。
原稿も書いて無かったのですが、私なりに思いを言わせて頂きました。

一生懸命に発表されたお母さん、ゴメンなさい(;一_一)




これまでの長い歴史の中での、活動の内容を伝える写真の紹介があり
保護者には懐かしい思い出が蘇りました。







最後は職員さんによる和太鼓の披露で締めました。

京丹後を中心に活動する和太鼓サークルの
雷神(はたがめ)さんから習われたそうです!

太鼓も新調され、
職員の皆さんも相当練習された様で、真剣そのものでした。

これからが楽しみです!


また何より楽しみなのは
子ども達」の未来ですが

北部丹後の発達障害の子どもを支援する拠点として
大きな期待を受けて出発した

わんぱくクラブ

これまでどおり親の心を癒す場であって欲しいです(^^♪


| comments(0) | trackbacks(0) | 福祉、療育 |
24年度総会
網野のいっぷく亭にて 予算、計画等 議案の提示、承認を 厳正に行いました(^^ゞ
| comments(0) | trackbacks(0) | イベント、事業 |
私の中の障害受容
 子どもさんに発達障害を持つ親御さんから「私は、岩渕さんみたいに強くないから・・」と言われる事がある。
私だって 麗星が『知的障害を伴う重度の自閉症』と診断されて 「そおなんだ。障害があるんだ」なんて受け入れる事が出来なかった。

 そんな 簡単なことじゃなかった。

見た目は 障害を持っているように見えない息子。 でも、 日に日に理解することの出来ない行動。睡眠障害。多動。発語なし。親に対しても感情なし。問題行動・・・etc  毎日 涙 涙 涙。

3人の息子を育ててきていても 全く理解出来ない4男の子育て。
自閉症の息子の子育て手立てさえわからなかった。

療育センターの先生から 教えていただく事も 大まかな事しか聞けないので理解しがたく、毎日ただ闇雲に一日を騒いで過ごす事しか出来なかった。

視覚優位と言われても 見たらすぐ分かるんだとしか理解出来ておらず(私が・・) 正しい手立てをしてやれてなかった。
   
    あの頃は、地獄だった。

じゃあ、いつ 私は 息子のこと 障害のこと 理解していったんだろう。

ご飯の終わりは いつも残っているものを床にこぼして終わりにする麗星。 その都度 泣いて わめきながら片づけをしている私を見かねたのか、 すぐに私のそばに来て一緒に片づけを助けてくれるお兄ちゃんたち。

夜 寝なくて ウロウロしている麗星。  寝ている私に 手に触れるものを私に当てる麗星。  明け方になって寝付く麗星。    神経ボロボロの私。

そんなある日、私は主人に 「もうだめかも知れない。手を掛けるかもしれない。」 と伝えた。

主人の反応は
    「お前が先か、俺が先かだよ。」

その言葉に 私は一人じゃないんだ。  分かってくれる人がいるんだ。

         救われた一言だった。

それからかな。

少しずつ 息子に近づこうという行動が出来るようになって行ったのは。

主人、3人の兄達がいなかったら 私と麗星は存在してなかったかも。
| comments(0) | trackbacks(0) | ひとり言 |
麗星の足
 

麗星の歩き方がペンギンのようにつま先を開いて歩くのがだんだんひどくなりあまりにも目につくようになり整形を受診した  
ある病院の整形を受診しレントゲンを取ってもらい・・・ 結局療育センターを再受診することに 


体重も結構あり、体重を支えるためこんな歩き方に(足の向き)なっているらしい。骨には異常なく 14歳の成長をしていると言われ骨は一安心。 
でも 歩き易いように、靴を作ることになった 

靴を作るための型取り。
私も初めての体験なので何をするのやら・・・ 

診察用のベットに座って・・と言われベットにサッと乗ったのはいいんだけど 
『ベット=横になる』 が麗星の頭にはインプットされているらしく(病院の診察ベットは血液検査のときに使うからそのつもり・・・?)ベットの端っこに座らすのに一苦労 

次に足にサランラップをぐるぐる巻き(つま先から足首まで)。足首に紐を巻き足の甲にたらしその後包帯のようなものを濡らし、まきつけていく。綺麗に足の形に合わせて巻きつけていくとみるみるギブスのように固まっていった。そして足首に巻いた紐を使って固まった包帯を切っていく。と 足型?靴型?が取れた。「ほ〜〜。なるほど〜」と関心している私と主人。 何をされるか心配な麗星。右足の次は左足が・・  何とか左右型取りが終わり、次は低いベットに移動。 
技師さんは次に紙の上に足の形を足に沿って書きたいらしいが、麗星の緊張がピークに達したため、どんなにしても足が出せず・・・
がんばって がんばって 足を押さえ書いてもらった。左右 

なんでもないようなことがとても怖いこと。
何でもないように思っているのは私達で、かれらにしたら世にも恐ろしいこと。

何度も足を運ぶ事が・・と思うと『事』を無理やりやってしまうことがたたある。 その都度、「もっとほかの伝え方をするべきだったな」と思うものの、その場では、ほかの患者さんのこと、関わってくださっている方の時間のことを思ってしまい、ついつい麗星に強引に行動させてしまっている。  
足型をとって、足の形をスケッチするだけの
ことでも麗星にとってはものすごい重労働のようで、終わったあとずっと欠伸をしていた。

やっぱり今日のこともごめんね の母でした 

| comments(2) | trackbacks(0) | ひとり言 |
環境の変化で成長する
学校も新学期が始まってから、早2ヶ月が経とうとしています。
年度が替わると学校、役所等は人事で人も替わります。

発達障害のある人は

進級でクラスが替わり、
目に見える環境が変わり
それに今まで全てを支えてくれた先生さえも替わってしまう。

仕方の無い事であり、全てを受け入れるには個人差もありますが
時間がかかります。

もうみんな慣れた頃でしょうか・・・



同じ様に
親にとっての環境も新年度から替わります。

先生、福祉に携わる職員さん等、新しい対応が始まります。

この繰り返しで親も子も成長して行きます。


「あの年のあの先生は良かったな」とか強い印象もありますが、
多くの出会い、触れ合い、別れが
きっと成長させてくれるんだなと思います!



これも人事異動の話ですが、
与謝野町の福祉を5年間、支えて来た福祉課の主幹が
移動で4月から他課の課長に昇進されました。

野田川町時代に夢織りの里建設に尽力され、
合併し与謝野町になってからは、
この秋10月オープンの
地域共生型福祉施設
「やすらの里」プロジェクトに尽力されて来ました。


課内から惜しまれての移動で
課長は両腕を、もぎ取られた思いがすると・・・

人事は宿命なので仕方がないですが、
下の人が頑張って成長し、追いついて欲しいものです。



| comments(0) | trackbacks(0) | ひとり言 |
情報発信フォーラム
 昨日 京都府丹後広域振興局主催の 丹後地域情報発信ネットワーク 情報発信フォーラムに参加してきました。 当会も団体プロモーション映像を取っていただきました。 今回は、4団体のプロモーションの紹介でした。 

今回の当会は 撮影時間が限られていて 時間がなかったので動画が少ない作品になりました。 次回からは 動画中心がいいかな・・と思いました。

今後、ケーブルTVでも見られるようになって行くと思います。

色んな人に幅広く知ってもらう手立ての一つとして今回のような発信の仕方もいいなと思います。

子ども達の笑顔も伝わるしね。








| comments(2) | trackbacks(0) | ひとり言 |
ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」上映会
 朝から雨模様ですが


暖かい初春の日曜日!



正午に知遊館に集合し準備開始です(^^♪

まずはココ丹後のPRと募金コーナーを




いつものコーヒーも準備、インスタントではありませんよ〜(^O^)/





PRコーナーも設けました!






リハです!

映画の開演前に理事長、岩淵の挨拶






同じくリハですが「我が家の1/4」という内容で会員の子どもへの思いを発表しました。

理事の川村です。






受付です(^^♪

NPO法人「エコネット丹後」事務局長の味田さんにスタッフとして協力して頂きました〜!






受付の書籍販売コーナー





協力団体のPRも!!






前座?として出演してくれた
橋立中学校の大道芸グループ「Holiday」



この子達ももう直ぐ高校生です(^^♪




ココ丹後の各会場を回って、パフォーマンスを披露し
イベントを盛り上げてくれます。






受付開始








2回の上映で150名ほど入って頂きました。


諸行事と重なる中で、日の選定も難しいですが

招待券を持って足を運んで頂いた方から、
多くの貰って嬉しかったと言う声を聞きました。



反省点、課題も多くあり、
今後に生かして行けたらと思います(^_^)v



































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































-













| comments(0) | trackbacks(0) | イベント、事業 |
映画上映会では募金も受け付けます
いよいよ
今日になりました!

頑張ります!


会場でココ丹後のテーマとして
東日本大震災への募金を受け付けますので
ご協力をお願いしますm(__)m


| comments(0) | trackbacks(0) | イベント、事業 |
ココ丹後!
 3月の17日から20日まで行われるイベント
ココ丹後のチラシで〜す。




初日17日で番号はぁ




ジャンルは違うけど、
お互いに交流も深めて
相手の宣伝もできればいいなと!


映画もですが
何より
私達の会を知ってもらう良い機会です(^^♪

| comments(0) | trackbacks(0) | イベント、事業 |
<< | 2/3PAGES | >>